危険物取扱者について

化学工場・ガソリンスタンド・石油貯蔵タンク・タンクローリー等の製造所・貯蔵所・販売所などで、一定数量以上の危険物を貯蔵し取り扱う施設には、必ず危険物取扱者を置く必要があります。

そして、都道府県知事からの委託を受けた、財団法人消防試験研究センターにより実施される、消防法に基づいた国家試験に合格した者が、危険物取扱者として危険物の取扱いや管理を行う事が出来ます。

また、危険物の資格は甲・乙・丙の3種類に分かれており、種類ごとに規定の違いがあります。

甲種は全ての種類の危険物の取扱いができます。

乙種は1類から6類まで区分されており、自分が免状を持っている類の危険物のみの取り扱いが出来ます。
石油やガソリンを主に扱うガソリンスタンドでは、各類の中で取得者数及び社会的需要が最も多い乙種4類資格が必要です。
甲種もしくは乙種危険物取扱者が立ち会う事によって、危険物取扱者免状を有していない一般の者も、取り扱い・定期点検を行うことができます。

丙種は、ガソリン・灯油・軽油・一部の石油や重油などの取り扱いが出来ますが、立会いは出来ません。

ユーキャンの通信講座
資格

危険物取扱者の試験概要について

資格名 危険物取扱者 危険物取扱者
資格の種類 国家資格
受験資格 [丙種]&[乙種]
年齢・学歴・実務経験に関係なく、誰でも受験可能
・基礎学力として、高校1年程度の化学の知識が望ましい
[甲種]
細かい受験資格あり(要確認)
試験期日 各都道府県で年2回以上(東京都は毎月)
※試験はどこで何回受験してもOK
試験内容 [丙種]
(試験科目の一部免除制度あり)
・危険物に関する法令:10問
・燃焼及び消火に関する基礎知識:5問
・危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法:10問
[乙種]
(試験科目の一部免除制度あり)
・危険物に関する法令:15問
・基礎的な物理学及び基礎的な化学:10問
・危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法:10問
[甲種]
・危険物に関する法令:15問
・物理学及び化学:10問
・危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法:20問
試験方法 マークシート方式
[丙種] 四肢択一
[乙種] 五肢択一
[甲種] 五肢択一
試験時間 [丙種] 1時間15分
[乙種] 2時間
[甲種] 2時間30分
合格基準 合格ラインは全科目6割以上の正解
受験料 [丙種] 2,700円
[乙種] 3,400円
[甲種] 5,000円
試験場所 各都道府県(専用施設や大学・専門学校など)

ユーキャンの通信講座
資格