二級ボイラー技士の資格について

労働安全衛生法に基づく各級のボイラー技士免許試験に合格し、国家資格である免許を交付され、病院・学校・工場や各種ビルなどの様々な場所で、資格の必要なボイラーの取り扱い・点検・安全管理を行う技術者を、ボイラー技士と言います。

 

二級ボイラー技士は、伝熱面積の合計が25m2未満のボイラー取扱作業主任者となることができ、現在はボイラーの小型化・高性能化が進んでいるため、大抵のボイラーを取り扱う事が可能です。

 

ユーキャンの通信講座
資格

二級ボイラー技士の試験概要について

資格名 二級ボイラー技士 二級ボイラー技士
資格の種類 国家資格
受験資格 ・大学、専門、高校でボイラー課程学科を卒業し、3ヶ月以上の実務経験者
・ボイラー実技講習を修了した者など
その他細かい規定があります。
詳しくは(財)安全衛生技術試験協会まで
(初心者や実務経験のない人でも、受験前に所定の実技講習を修了するだけで受験は可能)
試験期日 1ヶ月に1〜2回
試験内容 ボイラーの構造
・ボイラーの取扱い
・燃料・燃焼知識
・関係法令
試験方法 択一式
3時間
受験料 8,300円
試験場所 北海道安全衛生技術センター
東北安全衛生技術センター
関東安全衛生技術センター
中部安全衛生技術センター
近畿安全衛生技術センター
中国四国安全衛生技術センター
九州安全衛生技術センター
試験実施機関 (財)安全衛生技術試験協会

ユーキャンの通信講座
資格