福祉住環境コーディネーターについて

これまで何の不自由も無く住み慣れている住宅なのに、年を取るごとに階段が急に感じられるようになったり、お風呂場で危険な思いをしたりと、年々不便な生活環境になってくるケースも多いです。

このような状況で困っているときに、福祉住環境ーディネーターは、例えばケアマネージャーと連携してバリアフリー住宅への改修のコーディネートをしたり、高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーです。

その他にも、介護老人保健施設・介護老人保健施設・ケアハウス・公共施設などでのコーディネート、福祉施策・福祉/保険サービスなどの情報提供、福祉用具・介護用品などの選択やアドバイス、介護や福祉に関連する住宅・住環境で、幅広く活躍を求められています。

福祉住環境コーディネーターの資格は、東京商工会議所認定する公的資格で、介護・福祉に関わるホームヘルパー・ケアマネージャー・介護事務・介護福祉士等とともに、高齢化社会による需要の高まりで人気の高い資格ともいえます。

ユーキャンの通信講座
資格

福祉住環境コーディネーター3級の試験概要

資格名 福祉住環境コーディネーター3級 福祉住環境コーディネーター
資格の種類 公的資格
受験資格 年齢・学歴・学歴・国籍・実務経験に関係なく、誰でも受験可能
試験期日 年2回
出題範囲 ・少子高齢社会と共生社会への道
・福祉住環境整備の重要性・必要性
・在宅生活の維持とケアサービス
・健康と自立
・障害者が生活の不自由を克服する道
・バリアフリーとユニバーサルデザインを考える
・生活を支えるさまざまな用具
・安全・快適な住まいの整備
・ライフスタイルの多様化と住まい
・安心できる住生活支援
・安心して暮らせるまちづくり
試験方法 マークシート方式:
4肢択一/穴埋め問題
制限時間は2時間
合格基準 100点満点中70点以上で合格
受験料 4,200円
試験場所 全都道府県の計200以上の会場にて受験可
問合せ先 東京商工会議所 検定センター

ユーキャンの通信講座
資格