ケアマネージャーについて

ケアマネージャーの資格は、高齢者が増加するにつれ社会的ニーズも益々高くなっており、資格を取得すれば就職・転職・キャリアアップや結婚・出産後の再就職も有利になります。

ニーズが高まっているにもかかわらず、介護保険制度を利用するために必要なケアマネージャーはまだまだ不足している状態というのが実状です。

一般的にはケアマネージャーと呼ばれますが、正式名称は「介護支援専門員」であり、資格は「介護保険法」に定められた公的資格になります。

ケアマネージャーになるには、都道府県が実施する介護支援専門員実務研修受講試験を受ける必要がありますが、その前に医療・福祉分野の有資格者で5年以上の実務経験などの細かい受験資格を求められます。
それだけ簡単になれる仕事ではないとともに、重要でやりがいのある仕事だと言えます。

そして、介護支援専門員実務研修受講試験に合格した後、都道府県が実施する実務研修を受講し「修了証」の交付を受け、各都道府県の介護支援専門員資格登録簿への登録を行い、介護支援専門員証の交付を受けて、はじめてケアマネージャーとして働くことができます。

市区町村役場の福祉事務所・老人訪問看護ステーションなどの公的機関や、居宅介護支援事業所・有料老人ホームなどの民間の福祉機関など、幅広い場所でケアマネージャーの需要があります。

ユーキャンの通信講座
資格

ケアマネージャー資格取得のための試験について

資格名 介護支援専門員 ケアマネージャー
資格の種類 公的資格
試験名 介護支援専門員実務研修受講試験
受験資格 受験資格は少し複雑で、医療・福祉関係での一定期間に渡る実務経験が必要
・保健、医療、福祉の分野で原則5年以上の実務経験を有し、かつ900日以上の従事経験がある者
・社会福祉主事任用資格又はホームヘルパー2級研修の修了者で、実務経験が5年以上ある者
・介護などの実務経験が10年以上の者など
詳細⇒各都道府県の介護保険担当
試験期日 年1回(10月中〜下旬の日曜日)
出題形式 筆記試験
(都道府県により違うが、マークシート式採用が多い)
一定の資格所有者(法定資格者)には、試験解答の一部免除制度有
試験時間 最大2時間・60問
所有する資格により解答免除制度があるので、試験時間・問題数も変わってきます
合格基準 現在は20%前後
受験料 7,000〜9,500円 (都道府県により異なる)
受験要項の配布 都道府県庁・市役所・町村役場、試験実施団体、社会福祉協議会、保健所などで配付
受験地 申込み日現在、受験資格に該当する業務・職種に従事している場合は、その勤務先のある都道府県
従事していない場合は、居住している都道府県

ユーキャンの通信講座
資格