サービス介助士の資格

高齢化が進む日本において、介護や福祉の資格や仕事が注目を浴びています。

平成18年度の総務省の統計によると、65歳以上の人口は2600万人を超えており、総人口の20%以上を占めています。
少子化が進み、平均寿命が延びる事によって、
この割合が増加するのは間違いの無い事実です。

国の成長を考えるとかなり心配な統計ですが、仕事として考えた場合、介護・福祉に関する仕事は確実に需要は増えてきます。
特に、女性に求められる仕事として、介護・福祉関連の資格を取得する事によって、活躍の場は益々広がっていくでしょう。

その中でも、NPO法人日本ケアフィットサービス協会が認定しているサービス介助士準2級の資格は、短期間でしかもご自宅でいつでも受験でき、時代のニーズにあった資格として、現在注目を集めている資格の一つです。

サービス介助士について

では、いったいサービス介助士とは何でしょう?

サービス介助士とは、簡単に言えば、体の不自由な方や高齢者の方へ、「おもてなしの心」と「介助知識」を持って接しお手伝いをする人のことです。

入浴や排泄・食事などのお世話をする為に、お年寄りにずっと張り付いて介護を行うホームヘルパーとは違い、レストランやホテル・空港などの公共の場や身近な場所で、お年寄りや体の不自由な方に接する介助人で、専門的で高度な介護技術を持ち合わせているというよりも、むしろ思いやりの心やコミュニケーション能力が求められています。

ホームヘルパーとしては体力的には自信のないが、介護の仕事に関りたいという方も、この資格を取得し活躍の場が広がったり、サービス向上の一環として、銀行・流通・小売・ホテル・鉄道・航空会社などを中心に、企業が従業員に資格取得を義務付けたり奨励する動きも出てきて、資格取得者も急増しており、これから益々ニーズが高まると予想されます。

ニチイ 講座ニチイまなびネット

サービス介助士準2級検定試験の概要

資格名サービス介助士 準2級
受験資格年齢、学歴、経歴等による制限はなく、誰でも受験可能
受験形態在宅試験
試験方法マークシート方式
添削課題 100問/検定試験 50問
合格基準60点以上
資格更新制度なし
認定団体NPO法人日本ケアフィットサービス協会

ユーキャンの通信講座
資格