簿記の資格について

簿記の資格には、下記の通り大きく分けて下記の3種類があります。

・日商簿記
・全商簿記
・全経簿記

通常、簿記の資格と呼ばれているのは、日商簿記の事を指していることが多く、3種類の中では認知度も難易度も高いです。
簿記の資格は大学の推薦入学に有利とも言われていますし、簿記2級以上であれば就職活動でも大きなアピールポイントになります。

会社の経理・財務部門で働くのを希望している方には必要な資格ですし、簿記1級の試験に合格すると税理士試験の受験資格を得ることが出来るため、将来税理士や会計士を目指している方には必須の資格です。

簿記の勉強が必要なのは、何も経理や財務の仕事をする人だけではありません。
全てのビジネスの基礎となっている知識であり、企業活動・事業の将来性から強いては経済の仕組みまで理解できるようになります。

簿記を学び貸借対照表や損益計算書を理解することで、企業の会計知識・経営状態を把握できるようになり、組織や会社の運営を数字で判断できる力が身に付きます。
ですので、営業担当者・管理職・会社経営者・個人事業主など、ビジネス社会で活躍する全ての人にとって、必要な資格とも言えるでしょう。

ユーキャンの通信講座
資格

日商簿記3級の検定試験について

[日商簿記3級]のレベル 商店・中小企業の経理事務に役立つ、財務担当者に必須の基本知識を修得 営業・管理部門に必要な知識として、経理関連書類の読み取りができ、取引先企業の経営状況を数字から理解可能のレベル
資格名 日商簿記3級 日商簿記
資格の種類 公的資格
受験資格 学歴・年齢・性別・国籍に制限はありません
試験期日 年3回(6月・11月・2月)
試験内容 「商業簿記」
基本的な商業簿記・記帳・決算の実務
試験時間 2時間
合格基準 100点満点で70点以上
合格発表 合格発表の期日や方法、証書の受け渡し方法等は、商工会議所によって異なります
受験料 2,500円
申込方法 受験希望地の商工会議所にて申込
実施団体 日本商工会議所

ユーキャンの通信講座
資格