日商PC検定3級について

日商PC検定試験は、日本商工会議所主催のパソコン技能の検定試験で、パソコンを使って的確かつ効率的に仕事ができる能力を証明する資格です。

今、企業で仕事するにはコンピュータースキルは必須なので、パソコンの技術が皆無という方のキャリアアップは困難かと思います。

日商PC検定3級は基本知識が中心になるので、ベースをしっかり学び、さらに上級のスキルを学んだり資格取得を目指したりする事をお勧めします。

主な職場:
日商PC検定3級の資格だけで就職に際しての大きなメリットにはなりにくいですが、現在PCスキルを必要としない職場はほとんどないと思われます。

ユーキャンの通信講座
資格

日商PC検定3級の資格取得試験について

資格名 日商PC検定3級
資格の種類 公的資格
受験資格 年齢・学歴・国籍等に関係なく、誰でも受験可能
試験分野 2分野に分かれています
「文書作成」
ビジネス文書の作成・取扱いに関する知識や能力
(文書作成ソフトWORDを使用)
「データ活用」
業務データの迅速かつ正確な活用
業務データの分析や表・グラフ作成など
・2分野ともそれぞれ独立した試験として実施されており、合格証も別々に発行
試験内容 [知識科目]
1問ごとに3つの選択肢から選ぶ、択一式30問
[実技科目]
文書作成とデータ処理のスキル
試験方法 受験申込みをした試験場のパソコンを使用して受験するネット試験
試験終了後、即時に採点・合否判定を行い、結果を通知
出題内容 1.企業実務に必要とされるハード・ソフトなどIT関連の知識
2.企業実務におけるパソコンなどIT機器、ネットワークの利活用について
3.ネット社会における新たなビジネススタイル、ビジネススキル
4.ビジネス文書や業務データについて、その作成のみならず、保存、管理、検索、活用、流通、再利用などライフサイクル全般について
5.ITを利活用した実践的なコミュニケーション能力
6.ネットワーク上での、ビジネス文書、業務データの取扱いについて
試験時間 [知識科目] 15分
[実技科目] 30分
合格基準 知識科目・実技科目とも100点満点中70点以上
受験料 5,000円
試験場所 各地商工会議所およびPCスクールや教育機関・職業訓練校など、全国1,600以上の試験会場で受験可能
詳細情報 日本商工会議所

ユーキャンの通信講座
資格