歯科助手について

歯科衛生士になるには国家資格が必要になりますが、基本的に歯科助手の国家資格というものはなく、民間のスクールや団体が主催する講座に伴う修了認定資格という位置づけなので、必ずしも歯科助手の仕事をすることに資格は必要ありません。

しかし、現場では即戦力の人材を求めているケースが多く、通信講座やスクール等で基礎知識を学び、認定資格を取得してから求職を行うというのが一般的になっているみたいです。
もちろん、就職には経験者が最も有利ですが、全くの未経験者よりも歯科助手の知識のある資格保有者の方が、当然就職には有利となるわけです。

歯科助手は歯科医師の仕事をサポートする仕事で、医療行為以外の多岐に渡るアシスタント業務があり、歯科医院の中で重要な役割を担っています。

そして、歯科助手資格には下記のような特徴があります。

・女性に非常に人気のある資格
・勤務時間や希望条件も比較的自由に選べる場合が多い
・家事や育児と両立しやすい
・全国どこにでもある歯科医院で働くのに役立つスキル
・歯の健康に気を使う方も多くニーズも高い
・体力を使う仕事ではないので、長く安定した労働が可能

歯科助手検定試験の種類について

歯科助手の認定資格は、複数の団体や法人が主催しています。
主な歯科助手資格試験を例に挙げてみると、

【医療事務管理士検定試験】
医療保険制度や診療報酬の仕組みを理解し、受付事務・カルテ管理・診療報酬明細書作成書などの、医療現場を事務面からサポートする専門家としてのスキルを証明する、技能認定振興協会が主催している認定試験です。

【医療事務技能審査試験】
財団法人 日本医療教育財団が主催している最大規模の全国統一試験で、医療事務職の知識や技能において医療機関からも高く評価されています。

【診療報酬請求事務能力認定試験】
財団法人 日本医療保険事務協会が実施している試験で、国家資格ではありませんが厚生労働省が認可している国家認定試験なので、数ある関連資格試験の中では人気もあり保有していれば評価は高いです。
しかし、難易度がかなり高く合格率も低いと言われております。

ユーキャンの通信講座
資格

歯科医療事務管理士検定試験について

ユーキャンの歯科助手講座「修了認定試験」に合格すれば、
受講期限内に実施される試験の"在宅受験"の資格が得られます。

 

試験名 歯科医療事務管理士検定 歯科助手
資格の種類 民間資格
受験資格特にありません。

初めての方でも安心して受験できます。

試験内容[学科試験]

筆記(10問/択一式)
・法規
・医学一般
・保険請求事務
[実技試験]
・診療報酬明細書の作成/3問

試験時期年6回(1月、3月、5月、7月、9月、11月の第4土曜日)
試験形態会場受験と在宅受験があります。

ユーキャンの講座の受講生にはもれなく、受講期間内に実施される試験の在宅受験の権利が与えられます。

合格基準学科 100点満点中70点以上/

実技 1問につき50%以上、かつ全体で70%以上

受験料6,700円(税込)
主催団体技能認定振興協会

ユーキャンの通信講座
資格

医療事務技能審査試験について

試験名 医療事務技能審査試験
資格の種類 民間資格
受験資格 *1級 ・2級の技能審査に合格した者であって、医療機関等において医療事務職として実務経験を1年6ヵ月以上有する者
・教育機関等が行う教育訓練のうち、審査委員会が審査規程により定める「1級試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に適合すると認めるものを履修した者
・医療機関等において医療事務職として3年以上の実務経験を有する者
*2級
・教育機関等が行う教育訓練のうち、審査委員会が審査規程により定める「2級試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に適合すると認めるものを履修した者
・医療機関等において医療事務職として6ヵ月以上の実務経験を有する者
試験科目 医科・歯科のいずれかの選択で、歯科の選択になります
試験期日 1級医療事務技能審査試験
年3回(6月・10月・2月)
2級医療事務技能審査試験
年12回(毎月)
試験内容
[学科試験]
1級:医療事務専門知識
筆記(25問/60分/択一式)
2級:医療事務一般知識
筆記(25問/60分/択一式)
試験内容
[実技試験]
*1級
実技I/接遇・院内コミュニケーション
筆記(2問/50分/記述式)
実技II/診療報酬請求事務
明細書点検(4問/70分)
*2級
実技I/患者接遇
筆記(2問/50分/記述式)
実技II/診療報酬請求事務
明細書点検(4問/70分)
合格基準 実技試験I・IIおよび学科試験の各々の得点率が70%以上
合格発表 試験実施後約1ヵ月後に郵送により通知
合格証の交付 合格証書の交付:試験結果通知から約1ヵ月後に郵送
*合格者には等級・科目により、1級メディカル クラーク(医科・歯科)または2級メディカル クラーク(医科・歯科)の称号が付与される
受験料 1級(医科/歯科)・2級(医科/歯科)とも 6,500円
受験場所 各都道府県内の公共施設等
主催団体 (財)日本医療教育財団

ニチイ 講座ニチイまなびネット

診療報酬請求事務能力認定試験について

試験名 診療報酬請求事務能力認定試験
資格の種類 民間資格
受験資格 特に制限なし
試験科目 医科・歯科のいずれかの選択で、歯科の選択になります
試験期日 年2回実施(7月・12月)/日曜日または祝日
試験内容
[学科試験]
*試験場への診療報酬点数表、その他の資料の持ち込みは自由
・医療保険制度等/公費負担医療制度の概要
・保険医療機関等/療養担当規則等の基礎知識
・診療報酬等/薬価基準/材料価格基準の基礎知識
・医療用語及び医学・薬学の基礎知識
・医療関係法規の基礎知識
・介護保険制度の概要
試験内容
[実技試験]
・診療報酬請求事務の実技
試験時間 学科試験・実技試験/3時間
受験料 7,500円
受験場所 札幌市/ 仙台市/さいたま市/千葉市/ 東京都/横浜市/新潟市/金沢市/静岡市/名古屋市/大阪府/岡山市/広島市/高松市/福岡市/熊本市/那覇市
主催団体 (財)日本医療保険事務協会

がくぶん総合教育センター
がくぶん歯科助手